女の子だって居酒屋大好き!

居酒屋はお酒の種類も料理も豊富なので欲張り女子にはたまりません。お酒が飲めない人でも楽しめる居酒屋はみんなでワイワイできる雰囲気がとてもいいですね!

TOP > スクラバー > ベンチュリスクラバーの特徴はこれです

ベンチュリスクラバーの特徴はこれです

ベンチュリ管に含塵ガスを注入することで、スロート部分に流速を加速させていきます。スロート部分で、水を使用し、加圧や墳霧、グストと接触させていくことで、後に設置しているサイクロン部分で捕集していきます。

このような装置を設置することで、綺麗な空気を排出することが可能で、有毒ガスを排気せずに、工場運営をすることができます。装置が縦型のベンチュリスクラバーは、比較的小さな工場でも設置することができるので、省スペースで簡単に設置できます。メンテナンスも簡単にできるので、多くの工場で採用されている装置となります。

スクラバーが生産現場を変えていく

スクラバーという一見聞きなれない製品をご存知でしょうか。この製品は主に工場や実験場など有毒なガスなどを発生する施設において欠かすことのできない製品になっています。その目的は空気の洗浄です。

さまざまなタイプのスクラバーがありますが近年ではまるでロボットのような自走式でバッテリー内蔵のものなども出てきています。効果的な清浄を行うことで電力消費量削減によるコスト面のメリットや生産性の向上を図ることができます。近い将来ではAIの発展によりそういった工場などの施設では、生産に携わるロボットだけでなく、工場の掃除やメンテナンス自体も機械が担っていくのかもしれません。

スクラバーを設置することでできること

排気処理装置の指すものとして、スクラバーというものがあります。具体的な動作としては、洗浄液を利用して気体に含まれる粒子を取り除いてくれる装置です。またその装置のタイプとしては、洗浄液に気体を通して利用する溜水式であったり、洗浄液を細かな水滴にした状態で利用するスプレーによるものがあったりします。

どういったケースで利用がされるかというと工場や化学実験など有毒なガスを発生する可能性がある施設において、近辺の自然環境や働く人への人的被害を防ぐために利用されることが多く、目的や用途に応じて各施設でさまざまな利用方法がされています。

説明を受けて購入したいスクラバー

地球環境に関してはさまざまな場所で配慮されるようになっていて、空気をクリーンにすることができるスクラバーは注目されています。最近では工場のような場所だけでなく、飲食店などでも導入されるようになりましたので、さまざまな場所で見かけるようになりました。

スクラバーと一言で言っても、価格や大きさ、性能などさまざまな種類のものがありますので、営業マンの話しを聞いてから決めることが望ましいでしょう。コストがかかるものですので、最初の選択をしっかりと行うことが重要になってくることでしょう。適しているものを選べるといいですね。

ニオイも改善できるスクラバー

スクラバーと聞くと、工場などの汚染を防止してくれる措置を想像しますが、実はその他にも飲食店などで導入されているケースもあります。焼き鳥などはニオイや煙などが充満しますので、スクラバーを導入することで改善することができます。

さまざまな場所に適したものがありますので、仕様に合わせたものを導入することをお勧めします。導入する際には価格面ばかり気にしてしまいますが、その他にも保証の期間やアフターケアなどについても、合わせて検討する内容として踏まえておきましょう。導入するにあたっては、より良いものが見つかると良いですね。

スクラバーは有害ガスを取り除ける

スクラバーは工場などで排出される空気に含まれているチリなどの有害ガスを除去する装置です。洗浄塔とも呼ばれ、縦に長い筒状の装置となっており、塔の内部に有害ガスを通すことで、洗浄していき空気を綺麗にしていきます。

有害物質を除去する方法は、乾式と呼ばれる方法や湿式と呼ばれる方法などがあります。どちらの方法が良いのかは各工場によって異なりますが、どちらの装置もメンテナンスがとても重要です。メンテナンスを怠ると、大気汚染の原因になってしまいます。とても多くの工場で採用されているので、様々なスクラバーが開発されています。

スクラバー関連

メニュー

居酒屋大好きHOME 居酒屋 個室で女子会 スクラバー ベンチュリスクラバー 自然環境 充填塔スクラバー